内科眼科ゆたかクリニック

当院では消化器疾患と眼に異常の出やすい糖尿病、
高血圧症等の生活習慣病に特に力入れ診療しています。

HOME
院長紹介
栄養療法
禁煙外来
AGA診療
院内設備
職員募集

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

便秘について

 便秘薬には刺激性下剤と非刺激性下剤があります。刺激性下剤を毎日長期に使用していると下剤に腸が反応しにくくなり、下剤が効かなくなってきます。非刺激性下剤をベースで使用し、それでも便がでない時に時々刺激性下剤を使っていくことが長期での便秘治療戦略として重要です。市販で売られている下剤は刺激性下剤が多いです。最近、非刺激性下剤の新薬がいくつか発売され以前より便秘治療がしやすくなりました。刺激性下剤を長期で使用されている方は一度相談に受診されることをお勧めします。

2018-07-14 22:09:02

新型栄養失調

先日面白い勉強会に行ってきました。
原因の分からない体調不良、精神疾患、冷え症などの原因がミネラル不足にあるとの内容でした。そしてミネラル不足の原因がこんなところにあったとは、びっくりの内容でした。皆さんも知ってほしくて取り上げました。
詳しくは当院に連絡連絡するか、以下の本を読んでみてください。

食事でかかる新型栄養失調

2017-04-15 18:48:06

帯状疱疹ワクチン

 最近帯状疱疹にかかる50歳以上の患者様が増えてきました。以前から子供に使われていた水痘ワクチンが「50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防」の効能効果が追加承認されました。50歳以上のかたは接種をお勧めしますので、興味があるかたは問い合わせをしてください。

2016-07-27 19:34:05

トランス脂肪酸を2018年までに全面排除へ、アメリカFDA。

 トランス脂肪酸とは、マーガリンやショートニングなどのに含まれる脂肪酸で、これらを原料とするケーキ、クッキー、ドーナツ、スナック菓子、生クリームなどにも含有される。。トランス脂肪酸は心筋梗塞のリスクを上げることが確認されている。アメリカではこれまでに、栄養成分表示の中にトランス脂肪酸の表示を義務づけるなどの措置をとってきたが、先日2018年までに全面排除に乗り出すと発表があった。日本では一部の企業がトランス脂肪酸低減に取り組んでいるが、政府や、業界団体は規制を行っていない。日本におけるトランス脂肪酸の摂取量は諸外国と比べると少なく、健康への影響は小さいため、とされている。アメリカでは全面排除に乗り出すようだが日本はこのまま規制無しがつづくのだろうか?

2015-06-23 19:42:17

不眠症につき

 先週土曜日に不眠症の講演会に行ってきました。大変興味深い内容でした。日本は世界一睡眠薬を使用している国だそうです。睡眠薬には依存などの問題があり、すぐに睡眠薬に頼るのではなく、不眠症の原因になっている原因を考え、その対策をとっていくことが重要との内容でした。また子供の寝不足が不登校につながり、その数が増えていると。その原因の一つがが夜間にスマホをすることによりブルーライトを浴びること。愛知県刈谷市では小中学生に夜9時以降はスマホを親に預け使用しないようにする運動を広げようと頑張っているそうです。皆さんも参考にしてください。

2015-05-18 15:23:40

エクオールについて

女性の更年期には、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が関係しています、
これまで更年期の不調には、エストロゲンに似た働きをする、大豆イソフラボンが期待されてきました。
ところが研究が進むにつれ、大豆イソフラボンの恩恵を受けやすい人とそうでない人がいるということが明らかになりました。
そこで脚光を浴びたのが「エクオール」です。 「エクオール」は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内細菌の力を借り、変換されて生み出されます。しかしエクオールを腸内で産生できるのは、日本人で約5割、欧米人では約3割にとどまっています。大豆イソフラボンを摂取しても、腸内細菌の違いによって、エクオールを産生できない人がいるのです。
エクオールを産生できるかどうかは尿検査で調べることが可能です(有料)。エクオールを産生できない人でもサプリメントとして補える健康食品があります。
興味ある方はお問い合わせください。

エクオールについて4月22日(水)とくダネ、5月2日(土)世界で一番受けたい授業で紹介されるそうです。興味ある方はぜひご覧ください

2015-04-20 18:27:53

B型肝炎ワクチンについて

 B型肝炎ワクチンの予防接種が1年後くらいをめどに定期接種(無料)になるよう検討されているとの情報が出てきました。無料で接種できるのは0歳児のみで検討されているようです。日常生活では感染しないと言われることが多かったB型肝炎ですが、小児における水平感染が思ったよりあるとの報告を目にすることが多くなってきました。B型肝炎は一度感染すると一生体内から消失しません。世界的には0歳児に無料で予防接種している国が多く、日本でも早く無料で打てるようにしてほしいです。

2015-03-09 00:31:20

糖尿病の食事療法について

 11月15日に糖尿病の食事療法の講演会に、当院の管理栄養士とともに行ってきました。最新の食事療法のポイント、糖質制限食の功罪と有効的な利用方法、ロイシンが多い食品(とり肉、魚など)を食べると筋肉が増えやすいなど大変参考になる内容でした。

2014-11-15 21:24:00

うつ状態に対する漢方治療

 11月13日に漢方薬の勉強会に行ってきました。今回のテーマはうつ状態。うつ病ほどひどくないが気分が落ち込んでいる人に有効との話でした。うつ病の薬は使いたくない、あるいはうつ病の薬を使うほどではない人に使いやすく、今後当院でも取り入れていきます。

2014-11-15 21:15:26

スギ花粉新しい治療法について

 スギ花粉に対する新しい治療法『舌下免疫療法』ができるようになりました。今までの花粉症の治療法とは全く違う治療法で、スギ花粉が起きないように体質を変えていく治療法です。この治療法ができるのは講習を受けた医療機関のみです。当院でもできるようになりましたので希望される方はお問い合わせください。

詳しくは アレルゲン免疫療法ナビ http://www.torii-alg.jp/ をご覧ください。

2014-10-30 20:55:49

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2